アイドマホールディングスが提供している「クラウドセールス」の仕組みとは

新規開拓営業を外部に委託している会社も多いと思います。
しかし、委託のための準備やその後のフォローに時間が取られてしまうことも多いのではないでしょうか。

株式会社アイドマホールディングスが提供する次世代型営業スタイル「クラウドセールス(Crowd Sales)」は委託後のフォローのいらないサービスです。

オンラインのインタビューで商品・サービス等の説明さえすれば、後はリストの抽出から営業戦略の立案、トークスクリプトの作成、ブラッシュアップまで自動でやってくれます。
どういう仕組みなのか、詳しく調べてみました。

クラウドセールスの強み

クラウドセールスは対応できるアポイント数を決めておけば、後は自動でアポイントを取得してくれるサービスですが、一体どういう特徴があるのでしょうか。
具体的に見てみましょう。

680万件のリストから最適な営業先をピックアップ

クラウドセールスは680万件を超える営業リストを保有しており、そのビッグデータからAIがターゲットリストを抽出します。
過去の成功事例に基づいてアポイント取得率の高い業種を導き出すだけでなく、直近の売上高や展示会出展履歴等、クラウドセールスのオリジナル条件で絞り込むこともできます。

専用のトークスクリプトを作成・改善

クライアント企業から商品・サービスについてのヒアリングを行った上で、クラウドセールス側でトークスクリプトを作成します。
過去4,300社の支援実績に基づき様々な角度から提案をしています。

また、お客様と直に会話をするコールスタッフに定期的にアンケートを実施し、現場の声をトークスクリプトに反映することで精度を上げていきます。

PDCAを回して必勝パターンを納品

トークスクリプトだけでなく、アプローチ先・アプローチの切り口・営業チャネル等についても検証を進め、確度の高い必勝パターンを作ります。
それを丸ごと納品するため、後からクライアントの自社スタッフや外注のコールセンターを使って再現することもできます。

クラウドセールスの流れ

クラウドセールスを実際に導入するときは、具体的にどういった手順が必要なのでしょうか。
発注する企業側でしなくてはならないこと、クラウドセールスが用意してくれるものなどを詳しく見てみましょう。

商品やサービスに関するインタビュー

クラウドセールスでは、各クライアント企業に対し、専属の担当者がつきます。
その担当者がクライアントの商品やサービス、現在の営業課題や今後の展望についてなど、詳細なインタビューをオンラインで行います。

営業戦略のプランニングに必要な情報を伺いますので、要望などがあればこのときに話しましょう。

営業戦略やアプローチ先をプランニング

過去の実績・成功事例を基に、営業戦略・アプローチ先・アプローチの切り口や具体的な営業チャネルなどのプランニングをクラウドセールス側で行います。
営業チャネルとしては、電話・メール・FAX・DM・レター等を使用しています。

新規顧客や見込み客を獲得するための営業だけでなく、既存顧客や見込み客へのフォローアップ等も含めたプランニングを行っています。

実際の営業活動

クラウドセールスのスタッフがダイレクトにアプローチを行います。
クラウドセールスのシステムでは、月ごとの活動状況を閲覧できるだけでなく、誰がどのリストにアプローチしているかといった稼働状況をリアルタイムにチェックすることもできます。

また、アポイントが取れてもその後の受注に至らないなど、当初の目的が達成できない場合には、受注に至らなかった原因を探り、トークスクリプトの改善やフロー・営業戦略の見直しを行なうなどの施策を実施しています。
原因が営業資料にある場合には、クラウドソーシングを活用しての営業資料の作成や、営業心理学・「購買7原則Ⓡ」等を基にした受注支援カリキュラムの提供も行っています。

オプションにはなりますが、希望があれば商談そのものの代行も可能です。
オンライン商談システムを活用しての商談や、全国の営業パートナーによる訪問代行にも対応しています。

必勝パターンを納品

テストマーケティングを繰り返し、クライアント企業にとって最も効率的なトークスクリプトや業務フロー、アプローチ先のリスト等の営業戦略を見つけ、ノウハウ一式を丸ごと納品します。

契約が切れたら終わりではなく、クラウドセールスで蓄積したノウハウを資産として残し、いつでも使うことができます。

まとめ

「クラウドセールス」を導入している企業は既存顧客のフォローが中心で新規の営業にまで手が回らない企業や、新サービスを立ち上げてテストマーケティングをしたい企業など様々です。

顧客リストからマニュアル・トークスクリプトまで納品されるので、いずれは自社内で営業をしたいと考えている会社にはうってつけではないでしょうか。

もちろん、営業は外注する方針の会社にとっても、アポイントまでの工程が透明化されていることは安心に繋がるでしょう。
少しでもご興味があれば、ぜひお問合せしてみてください。